マンション管理会社の上手な選び方

知名度や規模だけで選ぶのは少し危険

マンションのオーナーになると、いろいろな管理をする必要があります。オーナーが一人で管理するのは難しいので、基本的にはマンション管理会社のサポートを受けることになります。マンションの管理を任せられる会社は日本にもたくさんあり、有名で規模が大きな会社も多く存在します。知名度や規模だけで利用する会社を選んでしまうと、管理費が高いだけで中小の会社と似たようなサポートしか受けられないようなことがあるので注意が必要です。似たようなサービスで管理費が安い会社があるのであれば、其方の会社を利用したほうがコストを削減していけますから、オーナーの負担も軽減されることになります。管理費のコストが積み重なっていくことで、大きな違いが生まれてしまいますから、会社の選び方を理解しておかないと損をしてしまう可能性が高いです。

管理担当者のスキルが重要になる

マンション管理会社の上手な選び方として、最初に考えたいのが管理担当者のスキルです。管理担当者が実際にマンションを管理することになるので、どんなに有名な会社でも管理担当者のスキルが低いと満足いくサポートを受けられない可能性が高いです。担当者がどのような資格を持っているのかを事前にチェックをする必要があり、管理業務主任者の資格を持っている人が担当してくれる会社を選べば、質の高いサポートを受けられると考えられます。他にも経験年数や担当物件数も重要になってきますから、資格を持っていて経験が豊富な人材が存在するのかを会社選びのときに参考にすると失敗しにくい筈です。

長期修繕計画を定期的に見直してくれるのかも重要

マンションは徐々に劣化をしていくので、適切なタイミングで修繕をしていかないといけません。マンション管理会社の上手な選び方としては、この長期修繕計画を定期的に見直してくれる柔軟性がある所を選ぶのも大切です。建物の状況を細かくチェックしておくことで、長期修繕計画の変更が必要になるケースもあるので、そのようなときに臨機応変に対応して貰える会社を選んでおかないと大変なことになります。修繕が必要なときに放置をしてしまうと建物の価値が大きく下がってしまいますから、資産価値を損なう状態になってしまいます。将来的にマンションを売却しようと考えている場合は、価値が落ちてしまうと大きな損失になってしまうので、適切に対応してくれるマンション管理会社を利用するのが大切です。